私がセブ島留学を決めた理由

セブ島留学




私は今年の春休み(2019年2月と3月の二か月間)にセブ島へ語学留学に行きました。今回はなぜセブ島留学を決めたのか、その理由を紹介していこうと思います。

私の英語へ対する態度

大学の受験科目の中で一番苦手な科目でした。文法はハチャメチャ、スピーキングなんてもってのほか、英語を使うということに自信がなさすぎて、英語を極力避けながら生きていく道を探していました。私の英語力をTOEICなどの具体的なスコアで示すことができたらよかったのですが、当時の私は英語が嫌いすぎたのでわざわざ英語の試験のためにお金を払おうという気にはなれませんでした。本当に嫌いだったのです。

しかし、何を血迷ったか語学系の大学へ入学してしまいました。私の大学は、システムとしてはLiberal artsを謳っているのですが、必修科目は英語ばかり。毎日のようにてんこ盛りの課題が出て、半ば強制的に英語の勉強をさせられました。半泣き状態で課題を終わらせ、憂鬱な気分で学校へ行く日々。英語に対して、受け身の姿勢で勉強していた私には、英語力をUPさせることなんて到底無理でした。

 

セブ島留学を決めたわけ

課題に追われる大学生活と共にバイトを行い、少しずつお金を貯めていきました。40万円ほど貯まった時に気づいたことがあります。

あっ、、、。自分、物欲ないや、、、。

私は特に物を買うということに興味がないのです。その時に、ある偉人の言葉が脳内を駆け巡りました。 大げさ( ´∀` )

From his neck down a man is worth a couple of dollars a day, from his neck up he is worth anything that his brain can produce.

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。

痺れる言葉ですね!ちなみにこの名言はエジソンのものです。この言葉に感化された私は、自分で稼いだお金は自分の成長のために使うことに決めました。そして、自分の英語力を高める決意をしたのです。(イヤイヤながらも一年間は勉強しましたし、今の大学にいる以上英語とは切っても切れない縁なので。)

世界にはたくさんの語学学校があります。アメリカ、オーストラリア、カナダ、マルタ、フィジー。なぜ私がフィリピンを選んだかというと正直安かったからです。自分で全ての費用を払うと決めたので安さで選びました。一度決断すると行動が早いというのが特徴の私。それからというものフィリピンにある語学学校を検索しまくりました。なかなか決められないでいたところ、ある出会いがありました。

私の大学の卒業生の方の中に、セブ島のある語学学校で働いている方がいたのです。その方の紹介で私はセブ島のある語学学校に留学する事に決めました。その学校とは、、、。

Nexseed

NexSeed 一生モノのセブ島留学
フィリピン・セブ島留学のネクシードは、グローバル人材を育成するための学校です。将来海外で活躍するために本当に必要な英語力とマインドを養うことを目指しています。

この学校の特徴は、英語留学はもちろんのことエンジニア留学コースというものがあり、プログラミングも学ぶことができることです。ちなみに私は英語のみのコースを選択しました。

高校時代やセブ島留学へ留学に行く前の私は、英語の基礎もままならない私には留学なんて恐れ多い、いや無理だ、、。と思っていました。しかし、意外と後先を考えず、行こうと思った時に行く!と決める事が大切だと思います。

これからはセブ島留学の充実した生活、どのようにして英語が大好きになったのか(ちなみに今、私は英語が大、大、大好きです!)ということについて紹介していこうと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました