あなたに合った学習スタイルとは?

語学系学習法




以前お伝えしました場独立型と場依存型についての続きのお話です。

ちなみに私は場独立型の人間です。コミュニケーションは好きですが、文法などをしっかりと理解していないと落ち着かないタイプです。自分が場独立型の人間であるのか、場依存型の人間であるのかということを調べたい方はぜひ以下の記事も読んでみてください。

自分に合った勉強法!? 第二言語学習は自分に合った学習スタイルで!
今回は、皆さんも悩んだことのあるはず!学習スタイルについて紹介していきたいと思います。 私は20年間生きてきたのですが、自分の得意なこと、あまり得意ではないことを意識して考えたことがありませんでした。ただ、自分の得意なこと、苦手なこと...

 

さて今回はあなたが熟考型であるのか、直観型であるのかということと視覚型であるのか、聴覚型であるのかということについて書いていこうと思います。

まず、熟考型であるのか直観型であるのかということを調べるために有効なテストとしては同画探索検査(Matching Familiar Figures Test)というものが挙げられます。

この検査は『ウォーリーを探せ』のようなテストです。(ウォーリーよりは難易度はかなり低いですが)この検査が得意な方は直観型です。瞬発的に解答を出すことができる方です。一方、この検査が苦手な方は熟考型です。答えを出すまでにじっくりと考えるタイプの方ですね。

直感型は一気に進歩します。一方で熟考型はじっくりと進歩します。いわゆる大器晩成ですね。時間制限のあるテストなどでは直観型の方が解答を全て埋めることができると思います。ただ、直観型の方は瞬発的に決めすぎてしまうと正答率が低くなる可能性もあります。熟考型の方は、じっくり考えすぎてしまって作文なども書き始めるまでが遅いという方がいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、一問一問しっかりと解いているので、解けている問題の正答率は高い傾向にあると思います。

どちらが良いということではありません。ここで言いたいことは、あなたがどちらのタイプに属しているのか、どちらのタイプに近いのかということです。自分自身の傾向を使うことができれば、直観型の方であれば焦りすぎないように、と自分に言い聞かせることもできますし、熟考型の方であればもう少し早く結論を出してみようと心がけることもできます。

続いて、視覚型か聴覚型かということについて説明していきます。漢字から見ても理解できるように、目からの情報の方が覚えやすい、理解できやすいという方と、耳からの情報の方が好ましいと思われる方がいます。特に、テスト方法などを見つけることができなかったのですが、ご自身で視覚的ツールを用いた勉強法と聴覚的ツールを用いた勉強法のどちらが好ましいかということを試してみると良いと思います。

視覚型の勉強法の一例 (英単語)

①ノートに類義語や対義語をグループにして書く

②Googleの検索欄に単語を入力し、イメージ検索

  Hypocrisy  検索

 

 



鉄緑会東大英単語熟語鉄壁CD (<CD>)


③単語帳を閉じ、画像を思い浮かべ、①でグループ分けした単語をできるだけ発音する。

聴覚型の勉強法の一例

① 英文を何も見ずに聞く(教材についているCDなどが良い)できるだけ意味を取ろうと試みる。

② 教科書を見ながら英文を聞く。この時教科書の意味を理解する。

③ 同じ英文を何も見ずに聞く。聞きながら意味をとる。



改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル 特装版 [ アルク文教編集部 ]


この時に気をつけなければならないのが、ただ流して聞かないということです。意味を取ろうと意識をするからこそ定着していくと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました